優しく痛くない施術を行っています。自律神経系、頭痛、首、肩、不眠、産後骨盤矯正、原因不明の頭の圧迫感、ストレス性の諸症状等にカイロプラクティックを含めた施術で対応します。心と体の重い症状に悩まされている方は、柏市(十余二、若柴、柏の葉が近く、口コミで評判、おすすめです。)、松戸市、流山市、野田市からでも、国道16号線からすぐ、車でもお越しやすく、無料駐車場もあります。つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス駅」から徒歩16分です。

変形性膝関節症

変形性膝関節症

どんな病気?

長年の使用や繰り返される負担、けがなどによって関節の軟骨がすり減ったり、骨の変形が生じたりする病気です。

原因

原因がはっきりしない加齢に伴う一次性の変形性膝関節症と、何らかの原因で生じる二次性の変形性膝関節症があります。二次性の原因には骨折、脱臼、十字靱帯損傷(じゅうじじんたいそんしょう)や半月板(はんげつばん)損傷などの外傷、痛風(つうふう)や化膿性関節炎などの炎症、関節の変形などによって生じるものがあります。

女性や肥満の人に比較的多い病気で、年齢とともに多くなります

症状の現れ方

初期には膝のこわばり感や、歩き始め、正座ができなくなり、立ち上がりやしゃがみ込み、階段昇降がつらくなり、立ち仕事のあとなどに痛みが起こります。初期でも炎症が強い時期には関節内に関節液がたまり、関節がはれて膝を曲げたときに強い痛みを伴うことがあり、曲げ伸ばしの角度が徐々に悪くなってきます。。一方で、安静時の痛みは少ないのが普通です。

変形が進行するにつれて動きが制限され、正座や膝を完全に伸ばすことができなくなり、痛みや歩行障害も加わって徐々に日常生活が制限されてきます。また、O脚やX脚といった変形が進行することがあります。

膝の半月板損傷を生じたり、関節内遊離体(関節ねずみ)や膝の後ろにベーカー嚢腫(のうしゅ)(袋状の腫瘤(しゅりゅう))を合併したりすることがあります。




相談は無料です お気軽にお問合せください

○つくばエキスプレス 柏の葉キャンパス駅より徒歩16分です。
詳細はアクセスをご覧下さい。

柏の近くにお住まいで痛みやしびれ、自律神経症状でお悩みの方。柏市の整体院、柏松葉町カイロ整体院におまかせください。

ご予約・無料相談専用 ☎04-7157-0230

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional