優しく痛くない施術を行っています。自律神経系、頭痛、首、肩、不眠、産後骨盤矯正、原因不明の頭の圧迫感、ストレス性の諸症状等にカイロプラクティックを含めた施術で対応します。心と体の重い症状に悩まされている方は、柏市(十余二、若柴、柏の葉が近く、口コミで評判、おすすめです。)、松戸市、流山市、野田市からでも、国道16号線からすぐ、車でもお越しやすく、無料駐車場もあります。つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス駅」から徒歩16分です。

手指伸筋腱損傷

手指伸筋腱損傷

どんな症状?

伸筋腱が断裂すると、筋が収縮しても、その力は骨に伝達されないので、手指を伸ばすことができなくなります。切創や挫創による開放性損傷と、傷がなくて生じる皮下断裂があります。

皮下断裂には、突き指などの外力によって生じるものと、骨の突出による摩擦や病的滑膜による侵食などによって弱くなった腱が切れる病的断裂があります。病的断裂の原因には、関節リウマチ、キーンベック病、橈骨下端骨折などがあります。

外傷と合併症

開放性損傷により手背部(手の甲)で腱が断裂した場合、MP関節(指の付け根の関節)での手指の伸展が悪くなります。しかし、手背部の伸筋腱は、腱間結合という組織で隣の伸筋腱と連結しているので、完全に伸展できなくても、ある程度までの伸展が可能です。

   

症状の現れ方

手指の関節がのばせなくなります。どの関節が伸展できなくなるかは、伸筋腱が断裂した部位によって異なります。骨折と違って、強い疼痛を伴うことがないのが特徴です。DIP関節(指の第一関節)、PIP関節(指の第二関節)背側での皮下断裂は、放置すると伸筋腱のバランスがくずれ、それぞれスワンネック変形、ボタンホール変形という手指の変形に発展します。

手関節背側で生じた皮下断裂は手術が必要です。断裂した腱の断端同士を縫合することができない場合が多いので、腱移行術や腱移植術などを行います。

この症状は、場合によっては上記の通り、病院での検査をおすすめしています。ただ関節がおかしいだけではまだ手指伸筋腱損傷か判断がつきかねますのでぜひ一度ご相談ください。




相談は無料です お気軽にお問合せください

○つくばエクスプレス柏の葉駅より徒歩16分です。
詳細はアクセスをご覧下さい。

ご予約・無料相談専用 TEL 04-7157-0230

柏の近くにお住まいで痛みやしびれ、頭痛、不眠、自律神経症状でお悩みの方。車で来れる柏市の整体院、柏松葉町カイロ整体院におまかせください

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional