柏 整体 優しく痛くない施術が特徴です。自律神経系、不眠、頭痛、産後骨盤矯正、ストレス性の諸症状等にカイロプラクティックを含めた施術を行います。症状に悩まされている方は、柏市(若柴、柏の葉が近く、松戸市、流山市、野田市からでも、国道16号線からすぐで、無料駐車場もあります。つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス駅」から徒歩16分です。

手根管症候群

手根管症候群

どんな病気?

    手首の手のひら側にある骨と靭帯に囲まれた手根管というトンネルのなかを、正中神経と9本の指を曲げる筋肉の腱がとおっています。このトンネルのなかで神経が慢性的な圧迫を受けて、しびれや痛み、運動障害を起こす病気です。

原因

    手の過度の使用、妊娠によるむくみ、骨折や腫瘤によるトンネルの圧迫、血液透析によるアミロイドという物質の沈着などが原因になります。中年以降の女性に多く起こります。
    前記のようにさまざまな原因があるので、ひとつに限定することが困難な場合があります。

症状の現れ方

    初めは人差し指、中指を中心に親指と薬指の親指側に、しびれと痛みが起こります。これらの症状は朝、目を覚ました時に強く、ひどい時は夜間睡眠中に痛みやしびれで目が覚めます。この時に手を振ったり、指の運動をすると楽になります。
    進行すると親指の付け根の母指球筋という筋肉がやせてきて、細かい作業が困難になります。とくに親指を他の指と向かい合う位置にもっていく対立運動ができなくなります。

検査と診断

    手首の手のひら側をたたくと、痛みが指先にひびくティネル徴候がみられます。手首を手のひら側に最大に曲げるとしびれや痛みが増強する、手関節屈曲テストが陽性になります。
    電気を用いた検査では、神経を電気で刺激してから筋肉が反応するまでの時間が長くなります。知覚テスターという機器で感覚を調べると、感覚が鈍くなっています。
    首の病気による神経の圧迫や、糖尿病神経障害、手指の他の腱鞘炎との鑑別が必要です。




相談は無料です お気軽にお問合せください

○つくばエクスプレス柏の葉駅より徒歩20分です。
詳細はアクセスをご覧下さい。

ご予約・無料相談専用 TEL 04-7157-0230

柏、流山、野田、松戸の近くにお住まいで痛みやしびれ、自律神経症状でお悩みの方。車で来れる柏市の整体院、柏松葉町カイロ整体院におまかせください

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional